--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-23

遠方より友来る また愉しからずや -7月は千客万来!(その2)-

翌20日は私も神戸観光にご一緒したかったのですが、残念ながら仕事が休めず、
阿吉さんと進歩さんと一緒に阪急で十三までご一緒した後は二人とお別れし、仕事に。
進歩さんとはここでお別れとなりました。
進歩さん、慈恩弘国攻略のために、また来てくださいね!!

実はこの日の夜は、東京在住のイタリア関係の友人Kちゃんが急に京都に
来ることになったので、一緒に(なぜか)スペイン料理の店で夕食。
本当にこの3連休はイベント続きで忙しいな~と思いつつも、
こうしてイタリア関係の友人と話していると、またイタリアにも行きたいな~、
なんて思ってしまうのでした(^^;


そして海の日の21日、この日も幸い晴天に恵まれ、
(阿吉さんはきっと晴れ女ですね(^^)
大阪から京都へ戻ってきた阿吉さんと再び合流し、京都観光へと向かいます。

75

まずは洪八公さんからお守りのご要望のあった安部清明神社へ。
一昔前はずいぶん地味な、前を車で通っていても気づかないくらいの
こじんまりした神社だったのですが、小説や映画の影響で今ではすっかり観光名所!
ずいぶんきれいになっています。

76 この世とあの世を繋ぐという『戻り橋』

たくさん奉納されている絵馬の中には、夢枕獏さんや
京極夏彦さん、荒俣宏さんら多くの著名人の物もありました!

お次は一気に南下して伏見を目指します。

実は伏見の有名な焼き鳥屋『鳥せい』で一緒にランチをとるべく、
モリーと待ち合わせをしていたのです。

79 『鳥せい』

たくいた隊長は残念ながらお仕事の為不参加。
阿吉さんとの約10ヶ月ぶりの再会はなりませんでした・・・。

76 モリーお勧めの鳥ラーメン、美味!!

その後は寺田屋を見たり、竜馬通りを歩いたり、
大倉酒造で利き酒(私は運転手なので飲めませんでした(T_T))したり、
レトロな喫茶店でお茶したり・・・、ちょっとした伏見観光です。
(本当は伏見稲荷にも行きたかったけど、また次回に繰越です!)

78寺田屋

モリーと別れた後、今度は北上。
和菓子作り体験のために国立博物館の近くの甘春堂さんに向かいます。

お隣には多分南米の方だと思うのですが、スペイン語を話す男性と彼を案内する
日本人3名のグループがいて、日本語の説明を一生懸命訳している姿が
微笑ましかったです(^^)
他にも子供連れの方や学生さんたちのグループも一緒でエプロンつけて
お菓子作っていると、なんだか調理実習みたいで賑やかでした。

710

お菓子作りは上生菓子3種類と干菓子1種類。

711上生菓子ういろう『枇杷』

713上生菓子練り切り『露の宿』

715上生菓子きんとん『紫陽花』

716干菓子『青もみじ』

「なんだか小籠包作っているみたいな気がしますよね~~。」

「う~ん、大胆さと繊細さが必要な作業ですね。。。」

「むむ、これは内力を使わなきゃ!!」

阿吉さんとお菓子作っているとつい会話が武侠ネタに・・・(^^;

712

このお菓子作り、武侠ファンの皆さんと大勢で一緒にやると、
かな~り、盛り上がるのではないかと思います!
今度機会があったら、是非企画しましょ~~~う!!

717作りたてをお薄と共にいただきます!

714お持ち帰り用の箱に入れたところ

さて、楽しい時間は過ぎ去るのも早いもの。

本当はもう少し時間があればすぐ近くの三十三間堂くらい見たかったのですが、
閉館まで30分ということで断念。
夏は日が長いというのに、お寺はなぜどこも5時には閉まってしまうのでしょう・・・(T_T)

仕方なく京都駅まで大回りして東寺を外側から眺め、京都駅に阿吉さんをお送りして、
ここでお別れとなりました(大泣)

阿吉さ~ん、また近いうちに会いましょうね~~~!!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

全部気になる~

お腹がすいてきました。

>重剣さんへ

京都へ来ていただければ、
すべてご案内させていただきますよv-218

M氏画像を探した私って(赤面&爆)

わお、和菓子が手作りできるところがあるとは、さすが京の都!
目と口で味わう京菓子、いいなあ。
「枇杷」がお気に入り~。ちょっと緑がかったところが本物みたいですよね。

>阿銀さんへ

>M氏画像を探した私って(赤面&爆)

わ~、すみません、気がきかなくて~~(汗)
そう言えば今回、一枚もないですね。。。(反省)

>和菓子が手作りできるところがあるとは、さすが京の都!

「枇杷」はオレンジの生地を伸ばす時、真ん中に窪みを作って、
そこに緑の生地を埋め込むとオレンジの生地が透けて、
自然な感じで緑の色が浮かび上がるんです。
普段何気なく食べている和菓子の一つ一つは、
職人さんたちの試行錯誤の末の作品なのだと感動しました!

他にも八橋作りや、友禅染め等、色々体験ものはありますので、
阿銀さん上洛の際には、ご案内させていただきます!!
プロフィール

まや

Author:まや
読書、映画&ドラマ鑑賞、旅行、お絵描きが趣味。
ジャンルとしては歴史、文学、美術が好き。
今までヨーロッパが興味の対象だったのが、最近はユーラシア大陸を東進して中国に興味津々です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。