--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-10

2008年の夏休み パリ&ハンガリー旅行記 (その8)

6月20日(金)

モスクワに着いたのは現地時間の朝5時半位。
夏なのでもうずいぶん明るくなっています。
状況も良く分からないままとりあえず飛行機から降ろされます。
620

周囲に止まっている飛行機の大多数がアエロフロートのものなのを見て、
ああ、ここ、モスクワなんだと実感する私。

この段階では周囲に日本人らしき人も見当たらず、
中国人乗客達も困惑している様子で、この後どうなるかは全く分かりません。
とりあえずは来たバスに乗り込み、空港ビルへ。

ひとまず頭をしゃんとさせようと、トイレで洗顔なんかをして出て行くと、
既に大勢の中国人乗客が集まっていて、
知らない間に30歳くらいの男性がリーダーを取って、
今後の対応を中国国際航空に交渉しようという話になっていました。
6202

近くにいた中国人に私の怪しい英語で確認した所、
「とりあえずは、当座の休憩場所の確保と食事の提供」
「代替えの飛行機を早急に用意する事」
等をモスクワ空港駐在の中国国際航空の係員に要求したようです。(多分)
(私は気付かなかったのですが、この間交渉の為の署名用紙も回っていたらしい・・・)

そんな時、日本人の母娘から「日本の方ですか?」と声を掛けられ、
お互い情報交換していると、その声を聞きつけた他の一人旅の女性や、女性二人組、
学生3人組、中国在住の男性、新婚旅行帰りのカップルと、どんどん集まってきて、
とりあえずは路頭に迷った日本人同士、協力し合って行動しましょうという事に。
幸い学生3人組のうちのお一人は日本生まれの中国女性だったので、
彼女が色々な情報を知らせてくれたので大助かり。

この時聞いた話では、私は呑気にも寝ていて全然気付いてなかったのですが、
トラブル発生の際、飛行機は結構ゆれて、しばらく旋回していたらしく、機内では
客室乗務員たちもあたふたして騒然としていたそうです。
母娘で一緒にいた娘さんの方が「あの時は、お父さん、今までどうもありがとう!って、
遺書を書こうかと思いましたよ~。」
・・・なんておっしゃるのを聞くと、そんな時にグースカ寝ていた私って・・・(爆)
ちょっと間違ったらホント寝たままあの世に行っちゃうとこでした(^^;

袖振り合うも多生の縁とか言いますが、こうして一緒に話しているメンバーは、
正に九死に一生を得た、文字通り生死を共にした者同士という気になってきます!
(←大袈裟)

2時間ほどして中国の乗客達の交渉のおかげか、ようやくミールクーポンが各乗客に
渡されることに。
次いで北京からまだ乗り継ぎのある乗客は申し出ろとのことだったので、
成田行きと関空行きの人数や名前をモスクワ空港の地上係員に伝えます。
「12時になったらミールクーポンを渡した窓口に来い」との言葉を頼りに、
仕方なく指示されたカフェテリアにみんなでかたまって座って腰を落ち着けます。

まあ、急に200人近い外国人の集団が押し掛けたのだから、カフェテリアの人も大迷惑
だったでしょうが、準備にえらく時間はかかったものの何とか朝食も用意してもらえました。
大きなワゴンで飲み物やパンなどを配給してもらいながら、日本人どうしで慰めあい、
励ましあっていると、(不謹慎ですが)なんだか自分が難民になったような気分に・・・。

この後、いつになったら日本に帰れるのか、見通しは全くたたないまま時間ばかりが
過ぎて行きます。
指定されていた12時に窓口に行ってみたものの、まだ代替え機の予定も乗客の割り振りも、
はっきりしていないらしく、とりあえず中国国際航空とアエロフロートのどれかの便に
乗せられるらしい、という情報しか得られませんでした。

帰国の翌日から出勤予定だったこともあり、気持は焦るし、もちろん不安でもありましたが、
事、ここに至っては、じたばたしても始まらないと腹をくくりました。
もともと開き直りは早い方なんで・・・(^^;)

6203  ボルシチ(多分・・・)とパン

昼食のボルシチでちょっぴりロシア気分を味わったり、
(どうせ時間があるなら、赤の広場観光くらいさせてくれれば良かったのに~)
皆で今回の旅の思い出話なんかを語り合い時を過ごします。

6204 ポークステーキとフライドポテト

ようやく4時頃になって動きがで、乗客全員が2つしかない窓口に殺到する大混雑の中、
ようやく北京行きのボーディングパスを手に入れることができました。

北京で乗り継ぎの必要な乗客は19:45発の中国国際航空に、北京までの乗客は
19:10発のアエロフロートに振り分けられたようで、北京在住の男性1名以外の
日本人は同じ飛行機で北京まで行くことになります。
でもこの段階では北京から先はどうなるのかは未定・・・。
まだまだ道のりは遠いですが、とにかく日本に一歩近付けました!
(っていうか、本来ならもうこの頃には家にたどり着けていたはずなのに(T_T)

さすがにみんな相当疲れていましたが、飛行機が決まって気分も明るくなり、
私もせっかくだからとロシア土産にウォッカやチョコレートなんかを買い込み、
飛行機に乗り込みました。(本当はプーチンのマトリューシカがあったら欲しかった・・・)

例によって出発は30分も遅れましたが、これでようやく、約15時間の、長かった
モスクワ空港滞在も終了です。
6205 搭乗を待ちながら・・・みんなお疲れです・・・

機内食を食べたら、もちろん即、爆睡。
翌朝7:30に北京に倒着。
着陸した際は思わず大きな拍手が巻き起こりました(苦笑)

上海行きの飛行機に乗るという、お世話になった日本生まれの中国女性とお別れ。
成田と関空に向かうメンバーはここで再びボーディングパスを獲得するために、国際線乗り
継ぎのカウンターで中国人の職員たちと闘わなければなりません(苦笑)

しかし北京の空港に来るたびに思うのですが、何故職員が5.6人いても、
実際働くのは1人か2人なのでしょう??
残りは応援団??働く係りはくじ引きか何かで決めてる??それとも時間制??

今回もこっちは焦っているというのに5人もいる職員のうち働いているのはたった1人(爆)
とりあえず成田行き、関空行の人間に分かれ、それぞれカウンターに詰め寄りましたが、
結局パスポートを渡してもその1人の所に集められます・・・(T_T)
まず成田組は10時くらいの飛行機に、成田からまだ乗り継ぎの必要だったカップルは
なぜか夕方発の便に振り分けられます。
カップルはかなり怒ってらっしゃいました・・・(当たり前だ~!)

とにかくボーディングパスを手に入れた成田組は先にゲートに向かうことになり、
異国で長時間励ましあった同胞の皆さんともお別れです。
「同胞」なんて普通使わない言葉ですが、この時は正にこの言葉がしっくりくる感じでした。

しんみりする間もなく、次はようやく私と他3名の関空行の発券の番です。
しかしなかなか処理が進まず「没有」「没有」という、嫌~なつぶやきが聞こえてきます。
「え、もしかして席がないの?それとも・・・??(汗)ああ、一体何がないんだ~!」と、
ドキドキ、ハラハラしていたら、ようやくチケットを渡してくれました。

時間を見たら、9:30の便!?
って、成田行きの飛行機より30分も早いじゃん!(怒)
この場合、普通早い方の飛行機の分から処理すべきなんじゃないの!?

なんて怒っている場合ではなく、飛行機の出発まであと残り40分くらいしかありあせん。
まだ手荷物検査などもあるので(国際線の乗り継ぎなのに・・・(泣)、モタモタしていられ
ません。
しかも私は、もともとこの空港でお土産や雑誌も買うつもりだったのです!!

大急ぎで手荷物検査とパスポートのチェックを済ませ(って言っても、係員は急いじゃ
くれませんでしたが・・・)行きに目星を付けていたブックショップへダッシュして雑誌を
買ったら、もうお土産を選んでいる時間なんかありません(泣)
買物は諦め、ゲートに向かい、会社と家に連絡を入れて搭乗。
今回はほぼ定刻の出発。

そして日本に着き、「良かったね~~!」と喜び合う私と他の3名を待っていたのは、
トラブル旅の最後の締めくくり、ロストバゲージでした。
北京の空港で職員が「無い、ない」つぶやいていたのは、私たちの荷物の事だったのね~~!(号泣)
(後で聞いたところによると、成田に帰った人たちの荷物も全部出てこなかったそうです・・・)

ようやく帰りついた日本で、まず最初にやるのが荷物の捜索手続きとは・・・、ガックリ・・・。
しかしここでもまだ落ち込んでいる場合ではありません。
なにしろ半日以上の遅れがでた為、会社に大幅遅刻中の私。
疲れ切ってはいましたが、最後の力を振り絞り、職場に直行しなければなりませんでした。

あ~~ん、早く帰ってお風呂入って寝たいよ~~!!

ちなみに行方不明になっていた荷物ですが、
その日のうちに北京に置いてけぼりにされていることが判明!
翌日には無事手元に帰ってきましたよ~。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

一つのドラマが・・・

近くに、親切なイケメンの男性が乗り合わせていたら、

完全に映画のような話になってましたね。

No title

>そんな時にグースカ寝ていた私って
大物だと思います@@
さすがです。

>ロストバゲージ
なんかここまでいくとほんと「フルコース」って感じですね。きっちりデザート&コーヒーまで。
その後職場に直行ってのも凄い…
これでこの先、数十年は旅行話のネタには事欠かないですね(と、他人事だから言えますが^^;)。

恐ろし~!

>遺書を書こうかと
!!!!!
こ、怖~い!私、ジェットコースターとかダメなんで、
あの揺れは恐ろしいです!
知らぬが仏とはよく言いました(^^;
ほんと、ご無事の帰還を喜ぶばかりですが、
まやさん、その時に爆睡されてただけでなく、
その後旅行の話を聞いた時も、
結構サラリとされてたような…。
流石です!

>重剣さんへ

>親切なイケメンの男性が乗り合わせていたら、

別にイケメンでなくてもいいのですが(^^;、
そっち方面ではとんとご縁がございません(泣)
友達運に使い果たしてるようです・・・。

>Manboさんへ

>なんかここまでいくとほんと「フルコース」って感じですね。

ホント、もうお腹いっぱいです(^^;
数十回の海外旅史上最大のトラブル旅でしたね~。
当分ネタにしてモトは取りたいと思います。
何があってもネタにしてしまうのが関西人のサガですから・・・(^^;

でも実はまだすこし続き(コーヒーの後の飴玉?)があるんですよ・・・

>阿吉さんへ

>ジェットコースターとかダメなんで、 あの揺れは恐ろしいです!

ジェットコースターは好きですが、
飛行機の揺れは命にかかわるので私も恐ろしいです(一応・・・)
ともあれ無事の帰れて良かった~。

>その後旅行の話を聞いた時も、結構サラリとされてたような…。

多分他の人が一番怖かった時に寝てたのでこんなに呑気なのかも(爆)

No title

お疲れ様としかいいようがありませんね。

>うささんへ

今までも予定していた飛行機が飛ばなかったり、
電車を降りそこなったり、ストにあったり・・・と、
様々なトラブルにはあってきましたが、
一度の旅でこれほど連続したのは初めてでした~(^^;

No title

この説は大変お世話になりました!同胞です。東京の学生です。

旅行記を読ませていただき、あのときの様子がリアルによみがえってきたのでコメントしないわけにはいかない気分になりました。あと、ロシアでの食事(配給)の写真を取り忘れたので、これ見て嬉しくなりました!大変でしたよねぇ、本当に。でも、話のネタになると思えばOKかもしれませんね。苦笑

その後のお仕事への影響など、学生の私とは全然違うご苦労があったと思いますが、大丈夫でしたでしょうか?

京都は暑いと聞きます、お元気で。長々コメント失礼しました。

おつかれさま

すごい「もりだくさん」な旅行でしたねえ。
パック旅行な私には、ただもう尊敬というか唖然と言うか・・・
とにかく無事に帰国されて、ほんとうによかったです。

>ふみさんへ

ようこそいらっしゃいました!
こちらこそ、同胞の皆さんとご一緒できてとても心強かったです。
ありがとうございました!!
(実はこのあと、例の後日談も書こうと思っています!!)

ロシアでの配給写真取っておいて良かったです(^^)
何しろあの時点で既にヤケになっていたので、
これは絶対ブログで書いて回収してやろうと思ってたんですよね~(苦笑)

まあ会社の方は上司にはちょっと嫌味言われましたが、
同僚達はみんな優しかったので大事ありませんでした。
やっぱり仕事する上では、日頃の人間関係って大切ですよ~。

ふみさんが、希望通りの、良い職場に就職が決まることをお祈りしております!!

>迷子さんへ

はい、本当に「もりだくさん」でした(^^;
でもこうしたトラブルがパック旅行にはない楽しみと言えば楽しみなんですよね・・・。
後になって振り返ると、最初の目的であった名所旧跡より、
失敗や出会った人々なんかの方がずっと心に深く刻みつけられていて・・・。
だからいつまでたっても旅行が辞められないのかもしれません(苦笑

激しいですねー

無事のお帰りに感激さえ覚えました。

それにしてもなんて激しい旅行でしょう!!

いやぁ、ここまで立て続けに押し寄せることってあるものなんですね・・・。

ヨーロッパに行くことがあっても、なるべくアリタリア航空さんは避けようかと思います♪

>奉孝さんへ

>それにしてもなんて激しい旅行でしょう!!

奉孝さんの優雅なシンガポール旅行とは大違いでしょう?(苦笑)
さすがに今回は数回分の旅のトラブルが一気に押し寄せた感じでした。
次回からは平穏であることを祈るばかりです(^^;

>なるべくアリタリア航空さんは避けようかと思います♪

イタリアリーピーターの方以外は、それがいいと思います(爆)
プロフィール

まや

Author:まや
読書、映画&ドラマ鑑賞、旅行、お絵描きが趣味。
ジャンルとしては歴史、文学、美術が好き。
今までヨーロッパが興味の対象だったのが、最近はユーラシア大陸を東進して中国に興味津々です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。