--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-30

2008年の夏休み パリ&ハンガリー旅行記 (その6)

6月18日(水)

この日は特に予定もなかったので、
以前から気になっていた、ギメ美術館に行くことに。

618 対岸のシャイヨー宮から撮影

エッフェル塔を背に、セーヌ川を渡り、坂道を登り、
10分も歩けば到着です!
6182 ギメ美術館

この時期の特別展はなんと「葛飾北斎展」でした。
北斎の絵の垂れ幕がかかっているのが見えますでしょうか?


このギメ美術館は中国、韓国、日本やベトナムを中心とする東南アジア、
インドなどの東洋美術を展示しています。
大英博物館やルーブル美術館、ベルリンのペルガモン博物館と同様、
大航海時代以降の、ヨーロッパによる各地の植民地支配の残滓を
目の当たりにさせられる美術館です。

だけど、こうしたヨーロッパによる略奪の結果が、多くの芸術品を今日まで
生き延びさせ、多くの人々の目に触れる機会を与える事につながったのは、
歴史の皮肉というべきでしょうか・・・。


個人的にお気に入りだったのは、エフェソス出土のローマングラス。
お魚型のがやたらとかわいい!!
6183 6184

中国の物もいっぱいあり、殷の青銅器や、宋代の白磁、明代の絵付けの陶器
なんかも面白かったのですが、あんまりきれいに撮れている写真がなく(泣)、
写真は唐代コーナーにいっぱい並んでいた傭です。
6185 舞い踊る女官たちや・・・

6186 天かける(?)騎馬像

中国の文物はかなり数も多く、充実していたように思います。
もちろん韓国や日本のコーナーもありました!
でも屏風などの絵画作品の保護のために暗めの照明になっていて、
写真はあんまり奇麗にとれず残念でした。
6187 お習字セット(?)


常設展を見た後は葛飾北斎の特別展を見に地下に降りたのですが、
平日の昼間なのにすごい人混みで、人をかき分けないと絵が見えないほど!
浮世絵が印象派の画家たちに好まれていたことなどは有名ですが、
こんなに葛飾北斎がフランスで人気があったなんてびっくりです!!

途中で変なおじさんに付きまとわれたり不愉快な事もあったのですが、
展示自体はなかなか興味深く、フランス語が出来れば、鑑賞している人達に、
北斎のどういう点に興味を持っているのか、実際に絵を見てどう感じるのか、
聞いてみたいところでした。

6188 ミュージアムショップも浮世絵グッズでいっぱい!

ギメ美術館を後にして、シャンゼリゼを通りを、コンコルド広場、マドレーヌ寺院と
まわって、オペラ座の方へ向かいます。
目的地は実は日本食の食材を扱っているという「京子食品」!

何しろ今回の旅はブダペスト観光が主目的だったので(苦笑)、パリで
どうしても行きたい!という所も特に無く、お土産を買いに行きがてら、
泊めてもらっている友人の食生活向上の為の買い出しに向かった訳です。

6189 コンコルド広場のオベリスク

この「京子食品」かなり有名らしく、去年まで1年間パリに住んでいたという
会社の同僚も知っていましたし、この時も場所が良く分からなかったので、
近くにあったJCBカード会員用のサービスデスクに聞きに行ったらすぐ教えて
もらえました。(JCBさん、ありがとうございました!!)

中に入ると、所狭しと食品が並べられています。
日本のスーパーならどこでも見られるような雰囲気なのですが・・・、

「えっつ!?納豆3個パックが3.8ユーロ(約650円)!?」
「500mlのお醤油が2.5ユーロ(約430円)!?」

・・・かなりなお値段です!
運送費とか関税とか入れたらまあこのくらいにはなってしまうのでしょうが、
日本食好きの人が外国暮らしするのはコスト的にも大変そうです。。。

とりあえず納豆やお醤油、粉末だし等々を購入し、オペラ座近くの老舗デパート、
ギャラリー・ラ・ファイエット(アトリウムの天井は必見!)でお土産を購入、
重い荷物を抱えてメトロで帰宅。

一旦荷物を置いて一息ついてから、近所のスーパーに野菜や卵を買いだしに行き、
夕食にはトマト&チーズオムレツを作りました!
61810 簡単メニューだけど美味しかった~

そういえば今回のトラブル旅行では、
機内食以外に暖かい料理を食べたのはこの時だけかも・・・(爆)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

おいしそ~

芸術品より、食べ物に目がいってしまいました。
グーグー

>重剣さんへ

>芸術品より、食べ物に目がいってしまいました。

美食の国に行っていたのに、
豪華な食べ物ネタがなくて申し訳ないですv-356

面白~い!

パリに行って、日本の浮世絵とか見ちゃうというのも
なんだか面白いですね!
確かに保存とかはヨーロッパの方が上手だしなぁ…
魚型グラスは飾り用じゃなくて、実用ですか?
可愛いけど飲みにくそう(^^;
ディスプレイの仕方もなんとなーく
お洒落でおパリな感じですね!(思い込み?)

トマト&チーズオムレツ、
これは先日、朝食で作っていただいたものと
同じですね!まやさんスペシャルだったのか!
御馳走様でした!(^^)

>阿吉さんへ

>パリに行って、日本の浮世絵とか見ちゃうというのもなんだか面白いですね!

以前パリのロダン美術館でも浮世絵展やっていたし、
スペインのセゴビアでも国芳の展示会を見たことがあります。
日本人が思っている以上に海外での日本美術の認知度は高そうですよ。

>魚型グラスは飾り用じゃなくて、実用ですか?

形状からすするとコップではなく、香水とかを入れる瓶のようです。

>これは先日、朝食で作っていただいたものと同じですね!

ワンパターンですみません(^^;
実はチーズオムレツが大好物なんです~。

へんなおじさん?

まさか志村けん?(爆)
フランス人のへんなおじさんって、なんかねちっこそう~

ギメ美術館、シルクロード関係の物もかなりありましたでしょ?
見たい仏画があるのですよ~。
パリへ行ったらぜひ行きたい場所のひとつです。

>阿銀さんへ

>なんかねちっこそう~

なにせ「愛」至上主義のお国柄ですからね(^^;

>シルクロード関係の物もかなりありましたでしょ?
>見たい仏画があるのですよ~。

確かに、どっかの石窟寺院の壁から引っぺがしてきたとおぼしき、
仏画も結構ありました!
常設展は無料ですので、毎日通ってもいいくらいですよ~。
プロフィール

まや

Author:まや
読書、映画&ドラマ鑑賞、旅行、お絵描きが趣味。
ジャンルとしては歴史、文学、美術が好き。
今までヨーロッパが興味の対象だったのが、最近はユーラシア大陸を東進して中国に興味津々です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。