--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-30

火曜日の愉しみ -ポタプシルリ-

最近、火曜日に愉しみにしているドラマはBS11の『シンドン』

実はこのドラマ、たまたまチャンネルを回していたら、たまたま放映中で、
韓国の時代劇の様だったので、気になって見始めました。
主人公の僧、シンドン役はソン・チャンミン。
意外なことに時代劇初挑戦だそう。

「主人公はソン・チャンミンかー。この人ジャッキー・チェンに似てるよね~。」
「結構真面目路線のドラマで見かけるけど・・・、お坊さんなの?髪の毛剃ってないのに??」
「高麗??でもこれ元とか言ってるし・・・ん、辮髪??えええーー???」

7話から見始めたので、当然最初は何の話やら分からない。

それと、韓国語は分からないのだけど、なんというか、字幕がこなれて無いというか、
ちょっと言葉の意味がくみ取りにくい所もあるような気がするのです・・・。
でもまあ見ているうちに、元の支配下の高麗を舞台としていて、
今のところ元がメインの舞台になっているらしいこと等々が分かってきました。

shi

演出 l キム・ジンミン
キャスト l ソン・チャンミン、チョン・ボソク、ソ・ジヘ
放送 l MBC(2005)


しかし、他の韓国ドラマはその気になれば結構WEBで情報が得られるのに、
このドラマは、イケメン率が低いせいか(苦笑)
あまり役者さんの情報とか見つけられないんですよね~。


さてこのドラマ、まず何にびっくりしたかというと、なんと元の男性陣は、
歴史の教科書に載っているフビライ・ハーンの肖像画のような辮髪頭です。

↓でもなぜかイケメン皇太子だけは長髪なんです・・・(笑)
shi2

高麗出身の元のキ皇后は、まあ、性格的にもかなり濃ゆい悪女キャラではあるのですが、
毎回『海神』のジャミ夫人もびっくりの、ものすごいメイク&髪型で、
そこまでやらんでも・・・、とツッコミたくなるほどです(苦笑)

もしかしたらモンゴルの人も、これを見たら「そんな格好ありえねーーーっつ!!」と、
外国のドラマにでてくる日本人の着物やチョンマゲを見る度に私たちが感じるような
気持ちになるかもしれませんが・・・、
元の風俗はよく知らないのでその辺りは不明・・・。


で、何となく気になるので毎週録画し出したわけですが、
主役のシンドン(遍照)差し置いて、私の一番のお気に入りは元の皇族の姫、ポタプシルリ公主!!
最初は元の皇太子のと恋仲だったのが、キ皇后の策略で、
元の人質の高麗の王子、カンルン大君に嫁がされます。

演じてらっしゃるのはカンルン大君(恭愍王)をチョン・ボソク、
ポタプシルリ(魯国姫)はソ・ジへという役者さん。
二人とも今まで見覚えの無い役者さんなので、今回の役でイメージが固定しそうです(^^;

最初は鼻っ柱の強いだけの姫かと思いきや、いざカンルン大君と心を通わせると、
カンルン大君を高麗の王の地位に押し上げ、共に高麗へ行く覚悟を決め、
ずっと使えていた侍女も連れず、身に纏う衣装一枚、アクセサリーの一つとして
元の物は持って行かない、私は高麗人になると言って、
持ち物を全て炎の中に投げ込んでいく姿につい感動!!!

高麗に来てからは、元出身の王妃ということで、民衆から石を投げつけられたりしながらも、
自分は高麗の女となり夫に仕えようと、カンルン大君お付きのアン・ドチ宦官
(←この役者さんがまた上手い!!今まで時代劇で見かけたこと無いのが不思議なくらい。
カマっぽくて見事な(?)宦官になりきってます!)
の助けを借りながら高麗式の礼や座り方を練習したりして、けなげな努力をします。

ベタな演出だけど、私はやはりこういうのに弱いんですよね~~。

ただその思いを受け止めるだけの器が今のところカンルン大君、恭愍王には無く、
高麗に帰って王位についてからも、母親や臣下達に振り回されて、
その度にグジグジ、ウダウダ、メソメソで、演じているチョン・ボソクには悪いけど、
「も~~~っつ、こんなつまらない男、張り倒せ!蹴飛ばせ!」
と思ってしまうのでした(苦笑)

ポタプシルリの為にも早く立派な王様になって下さい・・・。


あ、それから他にも気になるお爺さまが!!
シンドンの師匠とも言うべき和尚様、この方がまたいい味だしてらっしゃいます!
この役者さんもアン・ドチ宦官同様、他のドラマとかでお見かけしていても
良さそうなものなのですが記憶になし・・・。
勝手に韓国の笠智衆と呼ばせていただいています(^^;


61話もあるらしいので、まだまだ先は長いんですが、
朝鮮史の概説書を拾い読んだ感じでは後半はかなり重い展開になりそうな予感。。。
覚悟して見よう。。。


ちなみに以前は火曜日は、お昼に再放送していた『西太后の紫禁城』も
録画して見ていたのですが、終わってしまい、
後番組の『ラストエンペラー』は陳道明や朱旭という出演者はかなり良いのだけれど、
少々古い制作の為か展開がスローで、以前見た時、それほどはまらなかったので、
今回は見ていないのです。
(他に見たい作品、いっぱいありますからね・・・)
 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

まや

Author:まや
読書、映画&ドラマ鑑賞、旅行、お絵描きが趣味。
ジャンルとしては歴史、文学、美術が好き。
今までヨーロッパが興味の対象だったのが、最近はユーラシア大陸を東進して中国に興味津々です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。