--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-02-29

台湾幇会(その5・台北燈節)

夕食の会場となったのは「紅豆食府」という上海料理のお店。
(台湾人のキンギョさんも有名なお店だよとおっしゃっていました。)

ここですっかりDさんと岡崎先生のご友人Oさんをお待たせしてしまいました。
申し訳ありません!!
しかも先にちゃんと料理までバッチリ、オーダーしておいていただいて・・・。
夕食


ここで、今更という感じではありましたが、
順番にお約束の自己紹介。
後はそれぞれ思い思いの会話を楽しんだのでした。

で、お詫び!
飲み食い&おしゃべりに夢中になって、
またここでも料理を撮っておくのを忘れてしまいました~~(爆)
楽しい宴会の後は、国父記念館で開催されている、元宵節のお祭り、
台北燈節を見に行きます。
記念堂

しかし、タクシー4台に分かれて会場の国父記念館に向かったのですが、
途中で行き先が2台ずつ、二手に分かれてしまったらしく、
国父記念館の反対側の入り口に降ろされてしまっていました。

携帯電話でやりとりしながら、人混みをかき分け、かき分け、
何とかまん丸な巨大ランタンを目印に合流します。
海外なのに、普通に携帯電話でやり取りできちゃうなんて、
なんだかちょっと不思議です。
(でも何とか合流できた時には、Dさんは台湾のお友達と会う約束があるからと、
会場を後にされた後でした。ゆっくりお話しできず残念!)

101 メイン・ランタン『金鼠娶親』

ランタン祭と聞いて、最初は提灯行列のようなものを想像していたのですが、
さにあらず!
光のオブジェが所狭しと並べられた、かなり大がかりなものでした。
ねぶた祭りのような感じでしょうか。(見たことないですけど・・・(汗))

龍

会場でいただいた小冊子によると、今年はネズミ年と言うことで、
ランタンのテーマは「金鼠、妻を娶る」だったそうです。
いわゆる日本でも良く知られている「鼠の嫁入り」のお話と
ほとんど同じお話だったので、ちょっとびっくり。
もしかして「鼠の嫁入り」って、中国から来たお話だったのかしら??
今度機会があれば調べてみたいです。

ビール

どうやらこの光のオブジェは、小学校から大学、社会人まで、様々な団体が制作、
出品しているコンテストだったようです。
なかなかの力作揃いですね!

おかし

ハム太郎 なぜかハム太郎が・・・(汗)

光の祭典を楽しんだ後、それぞれの帰途につくことに。
ほとんどの方は今夜が台湾最後の夜・・・。

孔雀

関空からご一緒していた、えまのさん、大兎さん、進歩反刺さんは
明日の早朝にはホテルを出なければなりません。
その他の方々は夕方の便なので、
明日の午前中、一緒にDVDや本を買いに行くプランを立てていました。

ここで、岡崎先生とお友達のOさんから素晴らしいお誘いが!

「明日、ランタンを飛ばすお祭りに行くので、
もしまだ台湾に残る人がいるなら、ご一緒にどうですか?」
「行きます!!!」
阿吉さんと私は即答してしまいました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

岡崎先生とランタン飛ばしたんですか!?

うらやますぃ~!
羨ましすぎますよ!

>たくいたさんへ

>岡崎先生とランタン飛ばしたんですか!?

まだですよ、まだ飛ばしてませんって!
次号を待て!!!e-319

行きます!

あぁ!自分もその場にいたのに、
今、まやさんの旅行記を読み返しててさえ、
ドキドキしますね!(病気だろうか…)

それにしても、まやさん写真お上手ですね~!
ランタン、綺麗に撮れてます!
私のデジカメと色違いだというのに、
この技術の差は何なんでしょう…(爆)

>阿吉さんへ

いやー、自分で書いていてもドキドキですよ。(笑)

写真、上手というより、
「下手な鉄砲も数うちゃ当たる」と言うのが正しいですね。
使える写真の影には何枚ものブレブレ写真が・・・(泣)
プロフィール

まや

Author:まや
読書、映画&ドラマ鑑賞、旅行、お絵描きが趣味。
ジャンルとしては歴史、文学、美術が好き。
今までヨーロッパが興味の対象だったのが、最近はユーラシア大陸を東進して中国に興味津々です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。