--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-28

初めての歌舞伎鑑賞

2月11日の祝日、友人のniicoさんにお誘いいただき、
京都南座で初歌舞伎鑑賞しました!

歌舞伎鑑賞といっても初心者向けの『歌舞伎鑑賞教室』で、
歌舞伎に関するちょっとした解説付きで、一演目が鑑賞できて、
料金がたったの2,000円という、私のような歌舞伎初鑑賞者にはぴったりの、
お得な企画なのでした。

chirashi 第十八回 南座歌舞伎鑑賞教室

折角の歌舞伎デビューということで、最初は着物を着ていくつもりだったんですが、
当日は朝から雨模様だったので着物は断念し、洋服で南座に行ったのですが、
niicoさんはバッチリお着物姿でした。
(さすがというか、雨だというのに着物姿の方、多かったです)

niicoさんのお友達のべすさんとも合流し、なんとか1階の前の方に席を確保しました。
(席は自由だったので良い席は早い者勝ちだったのですよ(^^;)

minamiza

まずは落語家の桂九雀さんによる解説。
桂九雀さんは歌舞伎『助六』の扮装をして花道からのご登場。
見栄も切ってみたりして、なかなか堂に入った立ち振る舞い。
(まあ普段からお着物着てらっしゃいますしね)

南座の成り立ちや歌舞伎の歴史、構成などのお話の他に、
実際に奈落を動かして見せてくださったり、
観客の中から女性を一人選んで、花魁の格好をさせてくださったりと、
初心者向けに楽しく、盛り上がるような構成になっています。

more...

スポンサーサイト

2010-02-22

雛人形展

またもやすっかりご無沙汰してしまってすみません。
今更の話題で恐縮ですが、1月の末、うさ吉さん、かわはぎさん、niicoさんと
京都中京区の丸平文庫で4/3まで開催されている、
第五回「丸平代々の雛人形展」を見に行ってきました。

10130 101302

入口の紅白の暖簾がなければ通り過ぎてしまいそうな普通の建物でした(^^;
中も一部屋だけの小さな展示スペースなのですが、
ガラスケースの中には所狭しと人形が並べられています。
雛人形に関係するものだけでなく、市松人形なんかもありました。
(中は残念ながら撮影禁止)

ご案内の方が展示された人形について、その来歴や特徴、制作過程等、
色々と貴重なお話を聞かせていただいて頂きました。
どのお人形も娘の健やかな成長と幸せを願って親御さんが購入され、
大事に大事に扱われてきたたものだということが感じられ、
つい見入ってしまいました。

しかし近年は人形を作るための良質の材料、
胡粉(顔を白くするための絵の具)や細筆が手に入りにくくなり、
(これは日本画の先生方も嘆いておられました)
そうした良質な材料を使って制作された、高価な雛人形を購入するようなお宅も減り、
(普通に考えるような値段と一桁違ってましたから。。。)
後を継ぐ方もいらっしゃらないので、近々お店をたたむことになれたそうです。

しかし人形のコレクションなどを埋もれさせておくのはもったいないとのことで、
保存を兼ねて展示スペースを作られたのだとか。
案内してくださった方の熱のこもったお話しぶりから、
人形に対する深い深い愛情や、思い入れが感じられたので、
店をたたんでしまわれるというのは本当に残念です。

more...

プロフィール

まや

Author:まや
読書、映画&ドラマ鑑賞、旅行、お絵描きが趣味。
ジャンルとしては歴史、文学、美術が好き。
今までヨーロッパが興味の対象だったのが、最近はユーラシア大陸を東進して中国に興味津々です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。