--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-26

美術鑑賞&音楽鑑賞

先週は東京の同僚が急病のため長期でお休みを取ったので、
急遽出張することになり、記事のアップが遅れてしましましたが、
先々週の土曜日、Kosさんにお誘いいただき、ライブに行ってきまし!

Kosさんと一緒に行くはずだったご友人の都合が急に悪くなり、
チケットを無駄にするのも勿体無いので・・・、というとことでお声をかけていただいたのです。
(ありがとう!!Kosさん!!)
滅多にライブに行かない私ですが、やはり生で聞くのは良いものですね。。。

場所が肥後橋ということだったので、
ちょうど大阪の中之島にある国立国際美術館で開催中の「液晶絵画展」にも行ってきました。

kokusaibizyutukan

more...

スポンサーサイト

2008-05-18

チラシのイラスト作成中


私の運命を変えた(笑)金庸迷の部屋のフ会が、
今年も8月23日(土)に横浜中華街で開催されることになりました!!
ふるってご参加下さいませ~~。

尚、詳細は、どぅい大姐のブログでどうぞ!!

そしてよしのさんから「せっかくだし2人でイラスト描いてチラシを作ろう!!」
とお誘いを受け、「やりま~~す!」と言ったものの、
最近あんまり絵を描いていなかったので、リハビリに何枚かラフで描いてみました。

rokuteiki

よしのさんには、黄暁明の韋小宝をリクエストされたのですが、
あ、あの~~~、べ、辮髪ってすご~~く、難しいんですけど・・・(汗)
おかしいなあ、どうやっても辮髪っぽくならない。
ただの丸坊主に、後ろに三つ編み尻尾をつければいいはずなんだけど、何故!?

結局、デッサン力がないから上手く描けないだけなんでしょうけど。。。(爆)


「韋小宝が無理なら楊過で許して~!」・・・なんて泣きついてみたものの・・・

chirashi

う~~む、久しぶりに描くと結構髪型とか細かいトコ忘れてますねえ(汗)
ちゃんと画像とか、写真見て描き直します・・・。

そんな訳でよしのさん、一応頑張ってますので、しばらくお持ちくださいませ~~~~!!

2008-05-17

四川とミャンマーの天災

ニュースを見るたびに胸の痛む
四川の地震とミャンマーのサイクロン被害。

中国の方は、ようやく日本の国際緊急援助隊救助チームを
受け入れてくれたようで、安心しました。
結局は様々な政治的駆け引きの結果の、遅すぎる決断ではあっても、
一人でも多くの方の命が救われることを祈ります。

ミャンマーの方は、タイの救助隊だけには受け入れを表明したようですが、
ここまで対応が遅れると、既に天災というよりは人災かも・・・、と
悲しくて悔しい気持ちでいっぱいです。

既にDさんよしのさん阿吉さん等、
多くの方々が募金等の情報をアップされていますが、
微力ながら私もお手伝いしたいと思います。

日本赤十字社

中国人民共和国大使館

以下は、携帯電話、公衆電話の使用は不可のようですが、
所定の番号に電話をし、1分間のメッセージを聞くと、105円が募金されるそうです。

カンガルー募金

ドラえもん基金

登録手続き(無料)が必要ですが、インターネットでも募金出来るそうです。

Yahoo!ボランティア

ちなみに私は今、中国語を習っている、
日中友好協会の募金箱に入れちゃいました。。。
各自治体、企業などでも、次々と募金箱は設置しているようですね。


このところ何かと世評では叩かれていた中国ですが、
こうした非常事態の時は偏狭な民族主義や国家主義を越えて、
救命救助を第一優先にして欲しいです・・・。

2008-05-13

張愛玲 (チャン・アイリン) 『傾城の恋』

張愛玲 (チャン・アイリン)
(本名:張煐 1920年上海生まれ~1995年米国ロサンゼルスで没)

以前、阿吉さんが映画『色・戒 ラスト、コーション』の原作者、
そして高虎(ガオ・フー)の舞台、「紅玫瑰与白玫瑰」の原作と言うことで
台湾で本を探したり、ブログでも取り上げていらっしゃったので、
興味を持ちました。

張愛玲のプロフィールなどは、阿吉さんがきっちりまとめていらっしゃるので
ぜひそちらご覧下さい(^^;

さて、映画「ラスト、コーション」の原作者として初認識した張愛玲ですが、
彼女の代表作とされているのは「傾城之恋」(初出 『雑誌』1943年9月、10月号)だそうです。
しかし残念ながら邦訳本は現在絶版。
購入を迷っていたところ、幸い区の図書館にあり、読むことができました。

傾城の恋傾城の恋
(1995/03)
張 愛玲

商品詳細を見る


ちなみにこの本の中には「傾城の恋」の他に同時期に執筆された、
「金鎖記」(初出 『雑誌』1943年11月、12月号)
「留情」(初出 『雑誌』1945年2月号)
2編の短編も入っています。

more...

2008-05-11

緊急京都幇会(?)

関東幇主の宣和堂さんが帰省で関西にいらっしゃるということで、
急遽、5/10(土)に飲み会を企画することに!

最初は先日の大幇会に参加できず、相方のモリーに
美味しいところを持っていかれたと悔しがっているたくいたさんの為に
「とりあえずは京都で適当に飲みますか~」
なんて宣和堂さんと言っていたのですが、当のたくいたさんからは、
「すみません、仕事、抜けられるか微妙です。」
で、相方モリーからは、
「体調不良で参加不可です」

「何~?二人ともアウト~??駄目ダメじゃん!!」
そのうえ他の武侠関係の方々にも即参加OKの方が見つからず・・・。

い、いかん、このままでは、充分なおもてなしができない・・・(汗)

急遽、去年、京都の記念幇会で、宣和堂さんと辮髪の話で盛り上がっていた、
大学の後輩のT君を呼び出すことに。
最初は乗り気でもなかった風なのに、宣和堂さんが来られると伝えると、
「え、宣和堂さんがご参加ですか?ならお邪魔します!」
・・・いいけどね・・・。

他にも花見や映画鑑賞会に参加した友人NiicoとS代さん、二人にも声をかける。
そうこうしているうちに八雲幇主とManboさんから参加可能とのお返事が。
なかなかいい人数になってきましたよ~~。

さてお次は店探し。

「何か食べたいものとか、行きたいお店あります?」
「そういえば「慈恩弘国」ってお好み焼屋に八雲さんが行きたいとか聞きました」
「え?慈恩弘国?じおんこうこく?ジオンコウコク?ってもしや・・・????」

はい、その「もしや?」でした!
「慈恩弘国」
しかも東寺の近くって・・・、私んちから自転車でも行けるくらい近いです!
早速予約を入れます!!!

食事というか飲むところが決まったところで、
「せっかくだし、京都観光します?」
「京都観光…。鎌倉に関係するところと言うと、六波羅蜜寺か東福寺あたり…。
とりあえず、東寺だけでも行きたいですねぇ…。」
「了解、では当日車出します!」

しかし当日はあいにくの雨模様。

京都タワーの下で宣和堂さん、八雲さん、T君、Niicoを車に乗せて、
六波羅蜜寺に向かおうとしたところ、どうせ雨だし博物館でも行く?というNiicoの提案に、
今、京都国立博物館で開催中の「絵画の冒険者 暁斉Kyosai -近代へ架ける橋-」
見に行きたいと思っていたことを思い出した私。

05112

半ば強引に寺巡りの予定を変更!博物館へ向かいました。

more...

2008-05-10

イタリア映画祭2008 「副王家の血筋」

大幇会参加のついでと言ってはなんですが、
イタリア大好き仲間である、Y子さんに誘われて、
2008年5/1(木)~5/6(火)に東京の有楽町朝日ホールで開催された

「イタリア映画祭 2008」にも行ってきました!

私が見たのは5/4の10:20から上映された『副王の血筋』

前日の大幇会で、調子に乗って二次会まで参加したためすっかり寝不足。
二時間もある歴史物なので、正直、あんまりタルいと、
映画観てるうちに寝ちゃうかも・・・、と心配していたのですが、
なかなか面白くて、お目目パッチリのままエンドロールまで見てしまいました。

italiaeigasai


2007年/イタリア作品 
120分 
監督:ロベルト・ファエンツァ(Roberto Faenza)
主演:アレッサンドロ・プレツィオージ(Alessandoro Preziosi)
ランド・ブッツァンカ(Lando Buzzanka)
クリスティーナ・カポダンディ(Cristina Capotondi)

原題は『 I Vicere'』
「副王たち」とでも訳せばいいでしょうか。

more...

2008-05-06

「大幇会」に参加してきました!

5月3日(祝)に東京、大塚で開催された、
全国から武侠迷達が集まる「大幇会」に参加してきました!


当日は大幇会の開始が18時からだったので、
金庸迷の部屋のメンバーとお昼から新大久保で集まって、プチ韓国ツアーをする事に。

実は前日の2日から仕事がらみで東京入りしていた私は、
仕事仲間達との飲み会で調子に乗りすぎ、既に二日酔い気味(苦笑)でしたが、
待ち合わせの新大久保駅に集合時間までに何とかたどり着きました。

参加者は、ガイド役いつも有り難う!(そしてお土産も有り難う!!)の旻妹、
よしのさん、モリー、初対面の奉孝さんと私の5名。
(奉孝さんはと~っても可愛い方でした(^^))
あいにくの雨模様ながら、韓国料理に舌鼓を打ちつつ、中華ドラマの話に花を咲かせ、
(いや~、相変わらずよしのさんはドラマをいっぱいご覧になってますねぇ!)
ホトックをほおばりながら町を散策、ブックショップでDVDや雑誌を見たり、
お土産物屋をひやかしたりして楽しみました。

でも話に夢中で写真は一枚もありません。
すみませ~~ん(^^;

more...

プロフィール

まや

Author:まや
読書、映画&ドラマ鑑賞、旅行、お絵描きが趣味。
ジャンルとしては歴史、文学、美術が好き。
今までヨーロッパが興味の対象だったのが、最近はユーラシア大陸を東進して中国に興味津々です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。