--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-30

火曜日の愉しみ -ポタプシルリ-

最近、火曜日に愉しみにしているドラマはBS11の『シンドン』

実はこのドラマ、たまたまチャンネルを回していたら、たまたま放映中で、
韓国の時代劇の様だったので、気になって見始めました。
主人公の僧、シンドン役はソン・チャンミン。
意外なことに時代劇初挑戦だそう。

「主人公はソン・チャンミンかー。この人ジャッキー・チェンに似てるよね~。」
「結構真面目路線のドラマで見かけるけど・・・、お坊さんなの?髪の毛剃ってないのに??」
「高麗??でもこれ元とか言ってるし・・・ん、辮髪??えええーー???」

7話から見始めたので、当然最初は何の話やら分からない。

それと、韓国語は分からないのだけど、なんというか、字幕がこなれて無いというか、
ちょっと言葉の意味がくみ取りにくい所もあるような気がするのです・・・。
でもまあ見ているうちに、元の支配下の高麗を舞台としていて、
今のところ元がメインの舞台になっているらしいこと等々が分かってきました。

shi

演出 l キム・ジンミン
キャスト l ソン・チャンミン、チョン・ボソク、ソ・ジヘ
放送 l MBC(2005)


しかし、他の韓国ドラマはその気になれば結構WEBで情報が得られるのに、
このドラマは、イケメン率が低いせいか(苦笑)
あまり役者さんの情報とか見つけられないんですよね~。

more...

スポンサーサイト

2008-04-27

月曜日の愉しみ -チャロとチョロ-

NHKのテレビ語学講座、
月曜の夜の中国語会話4月にリニューアルしたのに、
つい1回目を見逃してしまった私。

実は小池栄子があんまり得意じゃないので、
「勉強しなきゃ!」とは思うものの、あまり乗り気になれなかったのですが、
中国語仲間の友人からのプレッシャーと、
2回目のインタビューがチャン・イーモウだったのとで、
23時からチャンネルを教育テレビに合わせました。

で、中国語講座が終了し、さ~て、お風呂にでも入ろうかと、
着替えを準備して居間に戻った時、
私の目に飛び込んできたのがこの子犬!!
「かっ、かわいいやん~~~~!!」

charo2


このつぶらな瞳に、すっかり釘付けになる私!!

more...

2008-04-21

王妃の紋章

「みんなで映画鑑賞会」、第一弾として、
行って来ました「王妃の紋章」!!
武侠や中国に興味のある人も、そうでない人も含めて総勢11名!
ハタから見たらきっと、何の集団か?と、さぞ怪しかったことでしょう(苦笑)

何はともあれ、ご参加の皆様、お疲れ様でした!
そして、招待チケットを何枚もご準備いただいたManboさん、
どうも有り難うございました!

a1


「王妃の紋章」(2007年、中国)

監督:張芸謀(チャン・イーモウ)
出演:周潤發(チョウ・ユンファ)、鞏俐(コン・リー)、周杰倫(ジェイ・チョウ)、劉(リウ・イエ)
製作:江志強(ビル・コン)、張偉平(チャン・ウェイピン)


以前書いたとおり、この映画は中文のDVDでざっとですが見ていました。
で、これはせっかくなら大画面で見たいなと思ったのです。
また、他の方の感想も聞きたかったので、今回鑑賞会を企画してみたのですが、
・・・意外に皆さん、この映画に関して、なかなか感想を言ってくれませんでした(^^;

まあ、中国映画になじみのない友人いわく、
どこをどうツッコめば良いか分からなかったそうですが・・・(苦笑)

私自身は、字幕のおかげで内容が細部まで理解できて、
色々考える余裕もあったからか、最初に見たときより評価は上がりました。

以下、ネタバレです・・・

more...

2008-04-16

終わってしまいました・・・

ず~っと愛読していた滝口琳々先生の『北宋風雲伝』が
4月16日(水) 発売の「プリンセスGOLD」 5月号の
第四十話 <春天来了>で終了してしまいました・・・。

滝口琳々先生、長期に渡る連載、お疲れ様でした!!

北宋風雲伝 10 (10) (プリンセスコミックス)北宋風雲伝 10 (10) (プリンセスコミックス)
(2005/05/16)
滝口 琳々

商品詳細を見る


さて、ご存じの方も多いと思いますが、この作品、
中国の公案+武侠小説である『三侠五義』をベースにした漫画です。

北宋第4代皇帝、仁宗の御世を舞台に、
公正なる名裁判官ゆえに「包青天」と呼ばれる包拯
(まあ「大岡越前」みたいな感じでしょうか・・・)、と
彼に仕える「御猫」展昭や彼にライバル心を燃やす「錦毛鼠」白玉堂、
武術の達人のヒロイン丁月華(何てったって少女漫画ですからね!(笑))達の
活躍が描かれています。
(ちなみに私の一番のお気に入りは展昭です!)

more...

2008-04-12

『王妃の紋章』鑑賞会のお知らせ

先日お知らせしました『王妃の紋章』鑑賞会ですが、
以下のようなスケジュールで行いたいと思いますので、
ご参加の皆様宜しくお願いします。

日時/4月20日(日)

集合時間/11:15

場所/Movix京都(新京極三条下がる)

王妃の紋章

more...

2008-04-09

『夜宴』

去年、『神雕侠侶』にはまっていた私、
黄暁明目当てで、中国語もできないのに、
「まあ、もとネタがハムレットらしいから何とかなるだろ~」と香港版のDVDを購入。
黄暁明だけじゃなく、周迅も出演だったので、
ニンジンにつられて走る馬のごとく、とりあえず勢いで鑑賞したものの、
やはり言葉の壁は厚かった!
細かい部分が??のまま消化不良だったので、
結局、内容確認に映画館まで見に行ってしまいました・・・。

で、その映画を見た勢いで書いたのがこちら↓「青女と殷隼」
夜宴

っていうか、この絵を見ても誰もあの映画と結びつかないでしょうね(^^;

多くの方の認識できるのはこちらでしょう。↓

女帝[エンペラー] コレクターズ・エディション(2枚組)女帝[エンペラー] コレクターズ・エディション(2枚組)
(2007/12/07)
リー・ビンビン、チャン・ツィイー 他

商品詳細を見る

(どうでもいいけど、この映画にはリー・ビンビンは出てません・・・。)

しかしなぜ邦題、「女帝」にしちゃったんでしょうね。
(そもそも女帝ならEmperor じゃなく Empress だし・・・というのはお約束のツッコミ・・・)
ツィイー映画として売りたかったのは分かるけど、
原題の「夜宴」の方がずっといいのに。

more...

2008-04-05

お花見

今日は関西幇会の皆様と、京都でお花見でした。
参加者は八雲さん、さとうしんさん、あめんおささん、他、私と私の友人2名。
お天気も良かったので、絶好のお花見日和です。

0

ありきたりなお花見スポットではありますが、円山公園へ行きました。
11

円山公園のしだれ桜。
(実はこの下はすごい人混みでした・・・。)
33

木によってはまだつぼみの桜もありましたが、
ほとんどの木は、ほぼ満開といってもいい感じでしたね。
22

more...

2008-04-03

「とことん!石ノ森章太郎」

先週NHKのBS-2で放映されていた
「とことん!石ノ森章太郎」

なかなか太っ腹な企画でしたねえ。

さすがに毎日、全部は見られませんでしたが、
『サイボーグ009』の回は、ついビデオにまで撮って見ちゃいました。
子供の頃、テレビ放送で言うと2代目(?)のアニメ作品が好きだったんですよね~。
特に島村ジョー役の井上和彦さんの声が大好きで・・・、
なんてったら、年がばれますか~(苦笑)
(まあ、金迷の部屋の皆さんは既にご存じでしょうが・・・)

サイボーグ009 Vol.1サイボーグ009 Vol.1
(2004/01/21)
井上和彦、杉山佳寿子 他

商品詳細を見る

私、ベルリンの壁の存在って、このアニメの004のエピソードで初めて知ったんですが、
そのベルリンの壁も今はもう無いし・・・(遠い眼)
それ以外にも北欧神話とか色々・・・、
今思うと、このアニメで初めて得た知識って結構多かったかも知れません。

改めてこうして振り返ってみると、
いかに自分が「マンガの神様、手塚治虫」先生と
「萬画の王様、石ノ森章太郎」先生に影響を受けて成長したかを
実感させられました。

そして、きっと私と同世代の方々で、両氏の影響をみじんも受けずに成長したと
言い切れる方はほとんど皆無に近いのではないかと思います。

石ノ森先生の偉大さを再確認です。

more...

プロフィール

まや

Author:まや
読書、映画&ドラマ鑑賞、旅行、お絵描きが趣味。
ジャンルとしては歴史、文学、美術が好き。
今までヨーロッパが興味の対象だったのが、最近はユーラシア大陸を東進して中国に興味津々です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。