--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-11-08

楚留香 蝙蝠伝奇

陸小鳳シリーズが楽しかったので、
続けて楚留香シリーズを読みたいとは思ってみても既に絶版・・・。
仕方ないからユーズドで購入するしかないか。。。と考えていたのですが、
幸い阿吉さんが『辺城浪子』と共に貸して下さいました~!
阿吉さん、ありがとうございます!!

さて陸小凰シリーズの印象をアルセーヌ・ルパンシリーズの様と思った私ですが、
実はこちらの楚留香ほうが「義賊」なので、アルセーヌ・ルパンとかぶるキャラ
だったのですね(^^;
あとがきで田中芳樹氏も「中国のルパン」と書いていらっしゃいました。

有言実行、友情に厚く、江湖でも一目置かれる人物で、(このへんは陸小鳳と
かぶります・・・)盗賊だけど人殺しはしないし、見た目もよくて女にもてて・・・、
って、なんだか欠点がないみたいですねえ・・・。

あ、そう言えば一か所、鼻が悪いんでした!!


「上巻」のお話は、
いきなり死人が生き返ったが、生き返ったと思ったら全然別の人格に変わっていた!
「借屍還魂」か?・・・な~んて、ちょっとゴシックホラーっぽいはじまりから、
楚留香がその行動力と推理力で謎を徐々に解き明かしていく過程では熟女に迫られたり、
美少女とのロマンスあったりという、まさにアルセーヌ・ルパンっぽい展開。

(な~んてわかったようなこと言ってますが、
もう20年以上ルパンシリーズ読んでないから、単なる印象です(^^;)

ただ、事の発端となった女性陣、君、本当にそんな男に人生掛けていいの??って
感じがしないでもなかったのですが・・・。
恋は盲目とは言え、ちょっと彼女たちの行く末を案じちゃいました(^^;

楚留香 蝙蝠伝奇〈上〉 (小学館文庫)楚留香 蝙蝠伝奇〈上〉 (小学館文庫)
(1998/12)
古 龍

商品詳細を見る


さて「中巻」は、
実は「上巻」とは内容は全く繋がっておらず、別のお話に切り替わります。
分かり難いから、上は別の題名で、中下巻を『蝙蝠伝奇』上下巻として出してくれば
よかったのに!
「中巻」を読みながら、しばらく「上巻」との繋がりを一生懸命探しちゃいましたよ~><。

八雲さんのお話では、日本語版で出ているのは楚留香シリーズの4作目と5作目を
3冊に分けたものだそうです。
4作目以降を俗に新・楚留香伝奇というとのことで、ある意味キリのいい所からの
邦訳出版だったのかもしれないですが、旧も新も、日本語ではこれっきり出版され
ていないので、何にしてもおさまりが悪いです。

楚留香の部下(?)の美女3人とか、チラッと話で出ただけだし、
前後のお話が気になります~。

more...

スポンサーサイト

2008-10-07

陸小鳳伝奇

2月の台湾幇会でせっかく古龍の母校まで訪れたというのに、
「マーベラス・ツインズ1巻」しか読んでいなかった私。
放天燈にも「古龍の作品の出版を~」なんて書いていたくせに、
お恥ずかしい限りです・・・。

で、一緒に行った阿吉さんとも「日本に帰ったら、ちゃんと読まなきゃね~」
なんて言い合っていたのに、いざ読もうと思ったら、
過去に日本語で出版されている本のほとんどが絶版という状態でした。(泣)

しかし私がもたもたしている間に阿吉さんはサクサク古龍作品を読み進められ、
焦った私がまず購入したのは陸小鳳伝奇シリーズの3冊。

金鵬王朝    陸小鳳伝奇シリーズ 1金鵬王朝 陸小鳳伝奇シリーズ 1
(2006/05)
古龍阿部 敦子

商品詳細を見る

繍花大盗    陸小鳳伝奇シリーズ 2繍花大盗 陸小鳳伝奇シリーズ 2
(2006/05)
古龍阿部 敦子

商品詳細を見る

決戦前後 陸小鳳伝奇シリーズ3決戦前後 陸小鳳伝奇シリーズ3
(2006/11)
古龍土屋 文子

商品詳細を見る


で、これ、この三巻までという、中途半端な状態で(しかもいいとこで)中断。
続きは出版されないままになってしまっているのですよね~(T_T)

でも本当は7巻まで続いているそうです。
四「銀鈎賭坊」
五「幽霊山荘」
六「鳳舞九天」
七「剣神一笑」

続き、どっかから出して下さい~~~~!!

more...

2008-05-13

張愛玲 (チャン・アイリン) 『傾城の恋』

張愛玲 (チャン・アイリン)
(本名:張煐 1920年上海生まれ~1995年米国ロサンゼルスで没)

以前、阿吉さんが映画『色・戒 ラスト、コーション』の原作者、
そして高虎(ガオ・フー)の舞台、「紅玫瑰与白玫瑰」の原作と言うことで
台湾で本を探したり、ブログでも取り上げていらっしゃったので、
興味を持ちました。

張愛玲のプロフィールなどは、阿吉さんがきっちりまとめていらっしゃるので
ぜひそちらご覧下さい(^^;

さて、映画「ラスト、コーション」の原作者として初認識した張愛玲ですが、
彼女の代表作とされているのは「傾城之恋」(初出 『雑誌』1943年9月、10月号)だそうです。
しかし残念ながら邦訳本は現在絶版。
購入を迷っていたところ、幸い区の図書館にあり、読むことができました。

傾城の恋傾城の恋
(1995/03)
張 愛玲

商品詳細を見る


ちなみにこの本の中には「傾城の恋」の他に同時期に執筆された、
「金鎖記」(初出 『雑誌』1943年11月、12月号)
「留情」(初出 『雑誌』1945年2月号)
2編の短編も入っています。

more...

2008-02-01

『蒼穹の昴』

イタリア大好きの友人に、東京出張の際久しぶりに会ったら、
「実は最近中国に興味があって・・・」なんて話になって、
お互いに興味を持つものやその時期が妙にリンクしていてびっくり!


蒼穹の昴(1) (講談社文庫)蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
(2004/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る

その友人のお勧めで読んでみた、初の浅田次郎作品。
『蒼穹の昴』

あ、ちなみに私、この時期の歴史の知識は高校世界史の教科書レベルしかありません。。。
偉そうなこと書いちゃってますが・・・、
すみません、ご容赦を!先に謝っておきます。

以下、思いっきりネタばれ注意!

more...

プロフィール

まや

Author:まや
読書、映画&ドラマ鑑賞、旅行、お絵描きが趣味。
ジャンルとしては歴史、文学、美術が好き。
今までヨーロッパが興味の対象だったのが、最近はユーラシア大陸を東進して中国に興味津々です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
友達申請フォーム

この人と友達になる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。